何と言っても…。

プロバイダーのひとつ「GMOとくとくBB」は、心がそそられるキャッシュバックキャンペーンを継続していますが、その現金をしっかりと受領する為にも、「振込告知メール」が受信できるように設定しておくことが必要です。

まったく同種のモバイルルーターであったとしても、プロバイダー毎に月額料金は異なります。このウェブサイトでは、注目の機種を“料金”順でランキングにしてありますので、比較してみて頂ければと思います。

「ワイモバイル」「格安sim」「WiMAX」全部を購入候補として、それらの良い点と悪い点を念頭に置いた上で、利用状況に合ったモバイルルーターをランキング一覧でご紹介しております。

自分自身でワイモバイルとWiMAXという2つのモバイルWiFiルーターの速度や毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種限定の下り最大速度以外の大概の項目で、WiMAXの方が秀でていると確信しました。

人気のあるWiMAXが欲しいという人は多くいらっしゃると思いますが、「WiMAXとWiMAX2+の相違点は何かが明確化されていない」という人のお役に立てるように、その違いを比較一覧にしました。

今のところWiMAX2+の通信が可能なエリアとなっていないというような人も、現状提供されているWiFiルーターを使えば、以前の主流であったWiMAXにも接続可能ですし、月に1000円程度必要ですがオプション料金を払うことにより、「au 4G LTE」にも接続することができます。

スマホで利用されているLTE回線と形的に異なっていますのは、スマホは端末そのものがダイレクトに電波を受信するというのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターにより電波を受信するという点だと考えていいでしょう。

「通信可能エリア」「通信容量」「速度制限の有無とその速さ」「料金」という4つの項目で比較をしてみた結論としては、どなたが選ぼうとも納得するモバイルWiFiルーターは、わずか1機種だけでした。

ポケットWiFiという名前はソフトバンクの商標なのですが、普通は「3G回線または4G回線を利用してモバイル通信をする」場合に不可欠な「ポケットサイズ」のWiFiルーターのことを指すと言っていいと思います。

モバイルWiFiを使い続けるなら、なるべくコストを抑えたいと考えますよね。料金については一ヶ月ごとに徴収されることになりますので、たとえ数百円程度の違いであっても、年間では結構な違いが生まれます。

WiMAXを進化させた形で登場したWiMAX2+は、これまでの3倍の速さでモバイル通信が可能となっています。それにプラスして通信モードを変更すれば、WiMAXとWiMAX2+は勿論、au 4G LTEも使うことができます。

LTEにつきましては、これまで主流だった3Gを「長期的に進化させたもの」という通信規格で、近い将来登場してくることになる4Gへの変更をスムーズにするためのものです。そういう理由で、「3.9G」として扱われます。

何と言っても、一押しできるモバイルWiFiルーターはWiMAXの他にはありません。その他のルーターと比較しても回線スピードは文句のつけようがないし、それに加えて料金が断然安いです。

高速モバイル通信として評価の高いWiMAX2+(ハイスピードモード)というのは、速度制限が実施されても下り速度が1〜6Mbpsは維持できますから、YouToubeの動画位は楽しめる速度で利用可能だとお伝えしておきます。

モバイルルーターに関して調べてみますと、いろんなサイトで目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。なんと30000〜40000円の高額なキャッシュバックを敢行しているところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です